top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

個人向けサービスはじめました。


著名人はもちろんのこと、

企業で働く方々、普通に暮らしている方々にインタビューをする機会が多い

コピーライターって、あまりいないかもしれません。

ところが、私はいつからからインタビューの仕事が増えてきて、

人見知りなのに、気づけばインタビューしている最中とても楽しくて、

終わってから「自分がこんなことを考えていたとは」とか

「自分に自信がもてました」なんて言われることも増えました。

すると、たとえ仕事とは言え、インタビューされる側の人の

お役に立てた気がして、とても嬉しい気持ちになるのです。

で、これ、個人向けに展開したらいいんでないの??

コストもサイト改修費用くらいだけしかかからないし、やること一緒だし。

と思いまして、「キャリアインタビュー」というサービスを設けました。

簡単に言うと「仕事に対する気持ちの整理」です。

整理された後に動くのはご本人!はい、あなた!

アウトプットはやっぱり自分がその気にならないとできませんから、

その手前の気持ちの整理のお手伝いをしようかと。

「キャリア」に特化したのは、自分が悩んだりもがいたりしながら

働いてきたので、そのときのモヤモヤした気持ちが少しでも晴れたら

いいのにと思ったから。

ということで、多分、唯一無二、個人向け「キャリアインタビュー」を

やるコピーライターに進化しますよ。

サービス内容はこちらからご覧ください。

https://www.y-kangaeru.me/interview

どうぞよろしくお願いいたします。


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

bottom of page