top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

大谷翔平とラ・ラ・ランド。


とてつもなく大きな夢やごくわずかな人しか達成できない目標を、

叶えちゃう人がいるという事実。

ということで、大谷翔平くんと映画「ラ・ラ・ランド」について感じたことをつらつら。

まず、大谷くん。よくわからないけど、野球選手です。

花巻東高校時代にものすごい目標達成シートを書き上げています。

ドラフト1位指名されるという目標のために何をすべきか64個のマス目を

埋めていくのですが、そこには「あいさつ」とか「ゴミ拾い」とか「雰囲気に流されない」

なんてものも登場するのです。ドラフト1位指名されるために、ゴミ拾いって!

もう、素晴らしいとしかいいようがありません。

夢を叶えられる人って、早い段階から緻密に行動しているんですよね〜。

※大谷翔平が花巻東高校1年時に立てた目標達成表もしくは大谷翔平/マンダラで検索。※NewsPicksには高校時代の監督のインタビュー記事←これもすごい!

そして、「ラ・ラ・ランド」。こちらは、ハリウッド女優になることを夢見たミアと

ジャズバーをオープンさせる夢をもったセブの恋愛ストーリーなのですが、

まぁ、ふたりとも夢をあきらめないんですよ。ミアは6年間オーディションを

受けては落ち、受けては落ち。セブもなかなかうまくいかず、葛藤と遠回りの日々。

でも、叶っちゃったんですよね。

ミアとセブのように、何年もあきらめなかったら、

その間に、色々なスキルとか精神的なタフさとかが身につく。

目標を立てる、そして、あきらめないって、大事ですね。

私ごとで恐縮ですが、

コピーライターになると決めて勉強始めて、なれるまで5年かかりました。

そして会社員コピーライターを経て、フリーランスで15年ちょい。

何度かこけそうになりながらも、なんとか続けてこれました。

(叶っても、続けていくのがまた大変!)

で、精神的に低空飛行だったある日、フリーランスの先輩に

「どうやったら、仕事を続けられるのでしょうか?」と聞きました。

「やめないことだよ」

なぬぅっ!!!

確かに、続けると覚悟すれば、必死で考えますからね。

すると道は見えてくるし、意外と状況は好転するんですよねぇ。

そうそう、「ラ・ラ・ランド」2度目(!)の鑑賞を終え、

本屋に寄ったら、目に入ってきた本が「やり抜く力 GRIT」。

もう、運命かと思いました。ウソです。

買っていたら、何かまた違う方向へ行ったかもしれませんね。

買いなさいよっ、私!

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

bottom of page