top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

ちょっとした善悪の判断基準。


スーパーで賞味期限の長い方の牛乳を手に取るのに、

ひとたび、家の冷蔵庫に入ったら日付が迫っている方から飲みますよね。

人は、そのときどきで善悪の判断基準が変わるのです。

ということを「salus」で理学博士の佐治先生が書いておられました。

なるほど、確かに。やっちゃう。人間ってなんて勝手なんだ!

で、もうひとつ気づいたのです。

生鮮食品やお総菜は、賞味期限が迫って30%OFFのシールが貼ってあったら、こっちを手に取る!!

だったら、牛乳も価格差つければいいじゃん!!売りたい方を安くして、売ればいいじゃん!!

でも、買いすぎる人々にとっては、この30%OFFにつられて、家にあるのに買っちゃうんですよね、きっと。すると、食料廃棄が増えてしまい、結局ムダな買い物することにもなりかねない。

だったら、

エコや食料廃棄を意識するなんて、とてもハードルが高いので、

もっと個人個人がお金を意識すればいいのではないかと思います。

トクするのは自分なのだから。

たとえばですが、1円でもゴミ箱には捨てないのに、ムダな買い物して腐らしてしまったら、罪悪感は出るけれど、それでも捨てちゃう。袋に300円とか書いてあっても食べられなくなったら捨てられちゃう。

ゴミ箱にお金を捨てたら完全にアウトなのに、腐った野菜は捨てても、仕方ないで済ませちゃう。

元をたどれば、それは、お金なのに。ふしぎです。

そうそう、三井住友カードのCMが好きです。

小栗旬が「財布をふたつなくした。でも、出てきた。ひとつはからになって出てきた。もうひとつはお金が増えていた。これ、僕のお金ですか?」というやつ。

続編、考えられそう、わたし(笑)。

https://www.smbc-card.com/cashless/hgc.html#section1

お金ってふしぎ〜〜。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

気づいたら激変していた暮らし

すでにコンピュータやスマートフォンのある暮らしは当たり前になり、数年前はあんなにつながらなかったwifiがどこへ行ってもつながるようになり、アマゾンはそこまで使わないけれどそれでもアマゾンがあるからだいぶいろいろ助かっていて。レストラン予約も、SMS送られてきてリマインドしてくれたり、なんならオンライン決済までできちゃったり。旅行の手配(コロナ明けダッシュで行きたい)も窓口や電話なんて、最後にいつ

bottom of page