top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

それは偶然ではないのだ。


最近、意識していることがあります。

それは、自分に起こっていることをよく観察することです。

数年前にエシカル消費について学びました。

それは、モノを売るために人の心を動かすという広告の仕事をしていて、

果たしてそれはどこまで人を豊かにするのだろうかとずっと思っていたからです。

モノが豊富になっても豊かとは限りません。

精神が充実した状態になるとは限りません。

ましてや、すぐ過ぎ去るトレンドを追っかけて、すぐ飽きてしまうモノを

買って、すぐ捨てるという経済のサイクルが、ちょっとおかしいのでは?

と思うこともあります。広告の仕事では、あくまでも多くの人が商品を選ぶための基準を

つくることと捉えています。

なので、自分の購買行動については、ときに衝動買いすることもありますが、比較的慎重。

そして、モノの背景がやたらと気になり、社会が気になり、

未来が気になり、環境が気になる。

そんなこんなで、エシカル消費についての学習からだいぶ時間が経った

今年の夏、ある打ち合わせの場でマイボトルを持っていたら

「エシカルですね」と言われ、その後、再生可能エネルギーに関連する仕事や

エシカル・コスメの仕事が入ってきました。

おもしろいですね。

これ、偶然じゃないんですよ、きっと。

まったく無意識なのですが、普段、そういうことを話題にしているのだと思うし、

持ちものや着るものからも、伝わることは多いと思うのです。

すると、「大場さんに頼んでみよう」となるのでしょうね、きっと。

ありがとうございます!

ちなみに…マイボトルは、ある場所に行くとほとんどの人が持っていて、

また、ある場所ではほとんどの人が持っていない。

仕事の場では持っていない人が多いので目立ちます。

いや、考えてみてくださいよ。

ペットボトルのドリンクが150円として、

中身のドリンクが数十円、ペットボトル代が数十円と考えるとバカバカしくないですか?

1日2本飲んでも、1ヶ月で60本、9000円分ですし。(あ、エコじゃなく、セコですね)

9000円あったら、ちょっといいレストランでコース料理頼めますよ!

そして、空のペットボトルが家にたまっていくのがすごくイヤだし、

まず、夏場はすぐぬるくなるのがイヤ。

なので、なるべくマイボトルにし、冷たいまま飲めるようにしています。

公共の場で出た汚れたままのペットボトルは、韓国、中国などにそのまま輸出されて

洗浄〜リサイクルされるそうですが、こういうのは本来自国でやるべきですよね。

そこにビジネスが成立しているからいいのだ、といえば、それまでですが、

なんだかモヤモヤしてしまいます。

でも、そのモヤモヤこそが、いいアイデアにつながるはずと信じて、

今日も畑へ行ってきます!!(つながる、つながる)

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

bottom of page