top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

鏡の中に、おばあちゃん。


梅雨どきから、体調が悪くて、

まずは寒暖差によるアレルギーが出まして、頭皮やまぶたがかゆかったのです。

頭皮は、カラーリングの施術でもかゆくなりまして、

「なぜ来た?」と美容師さんに言われるほどでした。

そして、寒暖差により、体温をコントロールできなくなり、

暑い日でも足元がキンキンに冷えていて、身体がどんより重く、

風邪なのかなんなのかわからない状態が続きました。

最近は、やっと安定して暑いので、冷えはあまり感じられないのですが、

疲れがたまりやすく…。

さらに追い打ちをかけるように、パソコンに向かう時間が多く、

きっとまばたきしていなかったんでしょうね、眼精疲労がはげしくて、

すると、首や頭もがちがちで。

マッサージに行っても、そのあと2日くらいは軽いのですが、また元に戻る。

ということで、買っちゃいました!

目元をあたためながらマッサージしてくれる機械!

なんつーか、映画「マトリックス」な感じ。未来っぽい!

装着して、ボタンを押してみると…

うぉ〜〜〜っ!気持ちいい〜〜〜!

10分経過後、驚いたことに、視界が広がりました!

これは素晴らしいと、しばらく使用しつつ、毎日、眼球グルグル運動もしていました。

しか〜〜し!

鏡の中に、そのまま老けこんでしまった私がいるではないですか!

まぶたが思いっきり垂れ下がって、目尻も垂れ下がっている!

目元だけ、おばあちゃん…。

ぎょぇ〜〜〜!

ということで、また「マトリックス」に頼る。

でも、これは完全リセットしないと、老化が進みます。

引き続き、目元ケアにはげみます。

とりあえずは、ブルーライトを極力見ない…。

ああ、電子書籍も、やめどきかも…(しばらく紙の本しか読んでない)。

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

気づいたら激変していた暮らし

すでにコンピュータやスマートフォンのある暮らしは当たり前になり、数年前はあんなにつながらなかったwifiがどこへ行ってもつながるようになり、アマゾンはそこまで使わないけれどそれでもアマゾンがあるからだいぶいろいろ助かっていて。レストラン予約も、SMS送られてきてリマインドしてくれたり、なんならオンライン決済までできちゃったり。旅行の手配(コロナ明けダッシュで行きたい)も窓口や電話なんて、最後にいつ

bottom of page