top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

本質的なリッチを目指す!


広告業界でフリーランスとして、楽しく生きていくのは、結構しんどい。

忙しくても、駆け出しの頃と同じ仕事が続いていたのでは、

まったく成長がなくてつまらないので、最近は、自分なりに

クライアントと直接つながり、ちょっとした提案をしたり、

ちょっとしたディレクションをしたりしています。

駆け出しの頃と同様に、また仕事が楽しくなってきました。

でも、もっと突き抜けたいなぁ〜〜と思いまして、

まずは自分自身の整理をしていました。

私が好きなこと、得意なことは一体なんだろう…。

「考えること」「書くこと」「暮らし」「料理」「食」

「お金」「上質なもの」「お得なこと」「コストパフォーマンス」

「学ぶこと」「ムダがないこと」「合理的なこと」「効率が良いこと」

「生産性が高いこと」「マルチタスク」「本質的なこと」などなど。

これら、ひとつにならないかな。

そこでたどりついたコンセプトが…

〜〜〜暮らしの損得。エコ×セコ×意志=新しい時代の本質リッチ〜〜〜

貧乏くさくて面倒くさい「丁寧な暮らし」でもなく、

ミニマル過ぎてつまらない「ミニマリスト」生活でもなく、

新しい時代の、新しいリッチ。本質的なリッチ。

もちろん、都会的で、洗練されていて、賢いリッチね。

ということで、とりあえず、見るだけだったTwitterを使って情報発信してみようかな。

(ハッシュタグに「丁寧な暮らし」と入れちゃったけどさ・爆)

で、出版関係者の目に止まり、出版する(笑・夢は大きく)。

ということで、皆様、フォローお願いします。

https://twitter.com/youo79291260

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

気づいたら激変していた暮らし

すでにコンピュータやスマートフォンのある暮らしは当たり前になり、数年前はあんなにつながらなかったwifiがどこへ行ってもつながるようになり、アマゾンはそこまで使わないけれどそれでもアマゾンがあるからだいぶいろいろ助かっていて。レストラン予約も、SMS送られてきてリマインドしてくれたり、なんならオンライン決済までできちゃったり。旅行の手配(コロナ明けダッシュで行きたい)も窓口や電話なんて、最後にいつ

bottom of page