top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

定期検診、マジメに行くのか?


歯医者さんから半年おきに「定期検診のおしらせハガキ」が届きます。

だいたいハガキが到着して2か月くらい放置してしまうのですが、

マジメに行っています。

そして、歯医者さんへ行くと、悪いところがないか診てもらい、

噛み合わせが悪くないか診てもらい、歯のクリーニングをして終了。

で、こういった定期検診のハガキの効果っていかがなものか?

と思ったので、歯科衛生士さんに聞いてみました!

「結構、皆さんいらっしゃいますよ。

ハガキが届かないのですが…と患者さんから電話がくる場合もあります」

そうなんだ!意外!

「虫歯がひどくなってインプラントにする」

「もはや取り返しの付かない状態」など、よく聞きますから、

定期検診は、マジメに行っている人の方が少ないかと思っていました。

でも、「歯医者、行かなきゃ!」と大騒ぎしている人の印象は強烈。

マジメに定期検診行っている人は、わざわざ会話のネタにもしませんし、

話しても、誰も興味を示しません。すると、大騒ぎしている人の印象が際立つ。

楽しかった思い出よりも、つらかった思い出の方が強烈に心に残っている、というのと同じ。

しかしですね、私が定期検診にマジメに行くようになったきっかけは、

子どものころから虫歯に悩まされてきたからなのです。

いまは、虫歯も歯周病の心配もナシですが、奥歯が少しガタガタしています…。

「先生、これはダメになったら抜歯ですか?」と聞くと

「抜歯です!」と返ってきました。

永久歯を抜くなんて、考えられません!

1本抜けたら、顔のかたちも変わるでしょうし、

食べ物の消化具合も変わりそう…。すると、胃腸によろしくない…。

ああ、大事にします!! 定期検診、行き続けます!!

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

bottom of page