top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

グレイテスト・ショーマンよりラ・ラ・ランドがすごいわけ。


「ラ・ラ・ランド」の音楽スタッフが制作に加わっているとのことで、

まぁ、「ラ・ラ・ランド」がMy favoirte!の私としては、観にいきますよね、

「グレイテスト・ショーマン」。

で、やっぱり「ラ・ラ・ランド」なんですよ、勝ちは。

いえいえ、「グレイテスト・ショーマン」も相当いいんですよ、相当。

差別、貧困、地域とのあつれき、アメリカンドリームなどが満載で、

それぞれのテーマがさらっと描かれている割には、

スピード感と娯楽性で、思いっきり観る人を惹きつける。

素晴らしぃ!んです。

でも、やっぱり「ラ・ラ・ランド」がいいんです。圧勝です。

なぜって、あれはラブストーリーでもあるけれど、

ふたりの男女の成長物語で、挫折を経験したり、

何かに奮起した人なら、誰もが共感できる話だからなんです。

ミアがオーディションに落ちまくって、ふてくされているところに

友人がパーティに誘う。どこにチャンスがあるかわからないから、行こうよと。

ダメなときは、自分で気持ちを切り替えようとしてもダメで、

意外と友だちの誘いにのってみるといい結果を招いたりする。

セブと出会ったのも、あのときだし。

そして、あんなにがんばって脚本かいて、劇場を貸し切って、

ひとり芝居をやったのに、観客はわずか数名。

絶望的じゃないですか!夢、諦めて、実家帰っちゃうよ!

ああ、でも、あの後に訪れる、華やかな未来よ!

絶望があるから、希望があり、輝ける。

逆を言えば、輝いている人には、必ずといっていいほど絶望の時期があるんだなぁ。

ということで、仕事で誰かにインタビューするときに、

私は「苦労したことは?挫折しそうになったことは?」と必ず聞きます。

だって、そこがなくて、ただキラキラしているだけの人生なんてウソっぽく、

薄っぺらく伝わるじゃないですか。

絶望と成功のコントラストが強いほど、人は感動するんでしょうよ。

だから、「ラ・ラ・ランド」大好き!

と、「ラ・ラ・ランド」愛が止まらないので、

今日は「ラ・ラ・ランド」を観ながら寝ます。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

bottom of page