top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

骨までむしゃぶられる、いひひ。


骨に関する言葉、多いですよね。

骨の髄まで冷える。骨身に染みる。骨と皮だけになる。

骨までむしゃぶられる、などなど。

あえて、怖い言葉ばかり並べてみました、いひひ。

そして、骨付き肉とか、すごいですよね。

あれを普通に食べている私たち、すごいですよね。

冷静に考えると怖いですよね。

最初に動物の肉を食べた人は、きっと、物事を考えるという以前に、

本能的に肉を食べたんだと思うんですよね。

生きるか死ぬかってくらい闘って、食べたと思うんです。

また、食べてお腹壊したりは、しょっちゅうあって、大変な想いをしながら、

「これはおいしい」「これは食べられない」などと

区別していったのではないかと想像します。

で、現代の世の中で、そんな野生に近い食の感覚が残っているのが、

豚骨ラーメンだと思うんです(骨付き肉とか、最初に言っておきつつ、強引に)。

実は、家の近所に豚骨ラーメンのお店が開店して、

目の前を通るたびに「けもの臭」がして困っているんです。

「人間って残酷っ!」と思いながら、息を止めて歩いています。

すごいと思いません?骨を似たら旨みが出るなんて、誰が考えたんでしょうね。

いや、考えたのではなく、きっと偶然の産物なんでしょうね。

鍋の中に偶然落ちちゃって、そのまま煮たらおいしかった!とか。

タルトタタンだとかわいいエピソードなのに、肉だと怖い。

あ、全部、妄想ですよ。妄想。

しかし、骨からエキスが出るんですかね?それもまた怖いですよ。

(豚からプラセンタ、しかも化粧品に使われている、なんていうのもホラーですよね)

そして、その豚骨スープは、私を死ぬほどもだえさすんですよ。

食後のことを思うと、絶対食べられません。

そして、店の前を通る度に、あの「けもの臭」を

嗅がないといけないって、怖すぎます。

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

気づいたら激変していた暮らし

すでにコンピュータやスマートフォンのある暮らしは当たり前になり、数年前はあんなにつながらなかったwifiがどこへ行ってもつながるようになり、アマゾンはそこまで使わないけれどそれでもアマゾンがあるからだいぶいろいろ助かっていて。レストラン予約も、SMS送られてきてリマインドしてくれたり、なんならオンライン決済までできちゃったり。旅行の手配(コロナ明けダッシュで行きたい)も窓口や電話なんて、最後にいつ

bottom of page