top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

いまから、想像しておく。


クライアント、つまり、企業の事情を知っておくと、企業の立場とユーザーの立場の

両方の視点で提案ができるということに、ここ数年でようやく気づいた大場です。

広告費がたっぷりあるクライアントなら

キャンペーンどっかーんとやってもいいと思いますが、そうではないクライアント、

つまり、大企業一歩手前とか中小企業とかBtoBの企業とかは、

キャンペーンをやる意味がそもそもあるのか?

大量に資金を投入して効果はいかほどか?

そういう企業にとって大切なのは、キャンペーンとかよりも、

地味でも、持続していくこと、雇用を守って、社会に貢献してくことだと思うわけです。

すると、経営者は、持続させるためにどうするかというと、ちょっと先のことを

考えながら経営するわけですよ。投資した分のリスクとかリターンとかが、

未来にどう反映されるか、考えるわけですよね。

んもぉ!そんなことを言いたいのではないんです!

前置きが長すぎ、マジメ過ぎました…。

企業はそんな感じで、人の未来はどうなのよ!という話なんです。

自分の健康も気になりますが、まず親の健康ですよね。

そう、介護問題。

あえて、仕事や企業と絡めて語ると…。

企業は、優秀な人材の介護離職を防ぎたいのに、

介護離職した人の48%は誰にも相談せずに会社を辞めてしまっているそうなんです。

また、仕事に邁進していた男性ほど、躊躇なく離職し、終わりの見えない

何年もの介護でお金を使い果たし、終わったら、再就職できず、貧困に陥る傾向があるとか。

一方で、企業の中には、離職してもらった方が助かる!という人材も実はいる。

でも、たとえ、そういう人でも、ものすごくやる気なくなって、

つらい顔をしていたら、なんとかしてあげたいのが人間です!力になりたい!

と、考えると、組織って、人の心理を読まないといけないんだな〜なんて気づかされます。

そこにコピーライターである私がどう貢献できるかな〜、なんて考えます。

さて、2007年の介護付高齢者住宅の広告コピーで「人は健康な時に、そうじゃない自分を

想像するのが、なんて苦手なんだろう。」というのがありました。

電車の車額広告を見て、「うまいな〜」と思っていたら、岩崎俊一さんのお仕事でした。

皮肉にも、数年前、岩崎さんは病気でなくなってしまいました。

「そうじゃない自分を想像できた」としても、人は、完璧じゃないんだなぁ…。

でも、突然降りかかって、あたふたするより、

早めに意識しておくというのは大事だと思うんです。

企業経営と同じようにね。

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

気づいたら激変していた暮らし

すでにコンピュータやスマートフォンのある暮らしは当たり前になり、数年前はあんなにつながらなかったwifiがどこへ行ってもつながるようになり、アマゾンはそこまで使わないけれどそれでもアマゾンがあるからだいぶいろいろ助かっていて。レストラン予約も、SMS送られてきてリマインドしてくれたり、なんならオンライン決済までできちゃったり。旅行の手配(コロナ明けダッシュで行きたい)も窓口や電話なんて、最後にいつ

同じ価値観をもち、ともに成長していく。

「愛の不時着」を2回見て、いくつかの韓国ドラマ&映画を観ましたが、やっぱり「愛の不時着」は特別なんだと思って、一旦韓国ドラマを封印しました。で、次は韓国のJYPエンタテインメントと日本のSONY MUSICエンタテインメントとによるオーディション番組「NIZI Project」を見始めましたww 「NIZI Project」は、ご存知の方も多いと思いますが、日本8都市とLA、ハワイで歌とダンスのオ

bottom of page