top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

ブレイクスルーしました!


目の前に壁があるのにも関わらず、超えるほどのやる気はなくて、

挫折したり、どうでもよくなったりすること、ありませんか?

でも、壁を越えられた瞬間って、気持ちいいですよね。

さっきまでできなかったことが、できるようになる。

さっきまで見えなかったモノが、見えるようになる。

これ、写真の話です。

私は、デジカメが世の中に出る前から、かれこれ20年くらい写真をやっていました。

最初は、カルチャースクールで写真の撮り方を習いました。

休みの日になると谷根千へ行って、路地の写真を撮ったり、

海外旅行の際には、コンパクトカメラと一眼レフ持参で出かけていました。

そして、時代は移り変わり、デジカメへ。

コンパクトデジカメを2台使い倒し、一眼レフを購入。

長年やっているので、構図は、そこそこ決まるようになっていたのですが、

グッとくる写真が撮れません。そのうち、スマートフォンが登場し、

「スマホカメラでいいや」と思うようになり、

一眼レフは旅行のときくらいしか持たなくなりました。

そして、「もし、旅行中に仕事の連絡が入ったらどうしよう」と、

旅行自体、行かなくなってしまいました…。

ところが、先日、知り合いのカメラマンに「ワークショップの受付やって」と言われ、

さらに、その後の講座にも誘われてカメラの使い方を習ったら、

突然、壁が越えられるようになったのです。

「光りを意識しろ!」と言われて、被写体への光りの当たり加減を気にするようにしました。

風景を面で捉えるのではなく、点で捉えるようにしました。

おもしろい景色を探すのではなく、「光りとセットで素敵に見えるもの」を探すようになりました。

さらに、たとえおもしろいものがなくても、なんでもないものが、輝いて見えるようになりました。

無意識だったものを意識的に捉えられるようになったのです。

加えて、ファインダーをのぞいて、どこに焦点を当て、どこをぼかすか、

余計なものが入りこんでいないかなど細かく考えるようになり、

露出はオーバー気味がいいのか、暗めがいいのか、などをカメラ側で調整して、

露出を変えて何度も繰り返して、比較しながら、マニュアルで粘り強く撮るようにしました。

カメラを持っているだけじゃダメですね。自分の頭を使わないと。

右脳と左脳を駆使するので、バランス感覚がついた気がします。

また、自分の好きなものは何か、どういう色あいが好きか、被写体をどう活かすべきかなども

考える必要があり、自分の好みがどんどん出てくるし、頭がクリアになっていきます。

こういった脳の使い方、モノの選び方は、好き嫌いの判断は、明らかに仕事にも活かせますし、

短い時間内で判断してシャッターを押すということは、決断力を早めてくれそうです。

さらに言えば、写真を通じて、新しい仲間ができたのも、今後の財産になりそうです。

ちゃんとお金出して、学んで、向上心を持って写真を撮っている人がほとんどで、

その姿勢にも驚かされました。おしゃべりの間に、人生の先輩たちから学ぶこともあり、

自分の未熟さを感じ、成長しなくちゃ!と思うようにもなりました。

ファインダーはすごく狭い世界しか写さないないけれど、

その先の世界はとても広いんですね。参りました〜。

閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

bottom of page