top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

意識は高いけれど、残念なひとに。


いつだったか、名古屋出張のときのこと。

昼頃、クライアントに到着したのですが、お昼に、うな重を

用意してくださっていたのです!

わぉ!と思いつつ、異常に食べるのが早い男性陣に

追いつこうとやや早食いに…そして、半分ぐらいでお腹いっぱいに…。

というか、油ギッシュで、もうムリ…。でも、クライアントがせっかく

用意してくださったので、残すわけにはいかず…。ぐ、ぐ、ぐ、ぐるしぃ〜〜。

はい。その30分後くらいに悲劇はおきました。

ヒアリングの途中「社長、すみません!お腹が痛くて」と

その場を15分くらい去ることに…。

そう、お腹弱い子ちゃん、なんです。

そんな私が、最近、ピンときたのが正露丸の広告。

「お腹のトラブルにあうと6分32秒もムダ!」というコピーが書かれていました。

http://twitter-seirogan.jp/music/

わ〜〜!この切り口、よく見つけたなぁ〜。

担当コピーライター、アンケート結果をじーっと見つめたんだろうなぁ〜。

いやいや、そうなんですよ。

お腹こわして、痛いのは当たり前。辛いのは当たり前。

でも、余計な時間を使ってしまう…というところまでなかなか思いあたらない。

相当、重要なことなのにぃ!

まさに生産性向上が叫ばれるいま、時間をムダにしないという切り口、

意識は高いけれど、仕事はできるけれど、お腹の弱い、

ちょっぴり残念なビジネスパーソンの

こころをわしづかみにするんじゃないかと思ったわけです。

ちょっと、感動したなぁ。

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

気づいたら激変していた暮らし

すでにコンピュータやスマートフォンのある暮らしは当たり前になり、数年前はあんなにつながらなかったwifiがどこへ行ってもつながるようになり、アマゾンはそこまで使わないけれどそれでもアマゾンがあるからだいぶいろいろ助かっていて。レストラン予約も、SMS送られてきてリマインドしてくれたり、なんならオンライン決済までできちゃったり。旅行の手配(コロナ明けダッシュで行きたい)も窓口や電話なんて、最後にいつ

同じ価値観をもち、ともに成長していく。

「愛の不時着」を2回見て、いくつかの韓国ドラマ&映画を観ましたが、やっぱり「愛の不時着」は特別なんだと思って、一旦韓国ドラマを封印しました。で、次は韓国のJYPエンタテインメントと日本のSONY MUSICエンタテインメントとによるオーディション番組「NIZI Project」を見始めましたww 「NIZI Project」は、ご存知の方も多いと思いますが、日本8都市とLA、ハワイで歌とダンスのオ

bottom of page