top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

おじさまたちは、よくこう言う。


よく、仕事がらみで、おじさまたちから聞く言葉。

「いや〜、女性の方が優秀だよ。仕事できるよ」

本当にそうでしょうか?

男性は男性の仕事ぶりにシビアで、女性は女性の仕事ぶりにシビアなだけでは?

しかも、男性中心の社会に女性が入って活躍し出したのが

ここ20年、30年の話。少しずつ、仕事のできる女性も増えてきただけでは?

でも、キャリアアップに積極的な女性はまだまだ少なく、

せっかく優秀でも、「私は、いいんです」という人、多くいますよね。

男性は一生働くことが当たり前だから、昇進・昇格を目指す人も多いし、目標も立てやすい。

女性は、出産・育児などがあって、仕事と家事・育児の両立がイメージしにくい。

しかも、男性の協力はまだまだ少なくて、すると「辞めちゃおう」

「最初から仕事人間にはならないようにしよう」ということになる。

ちょっと前までは、それで良かったんでしょうけどね。

今後は、人口は減るし、単純な作業はICT、AIに取って変わられるし、

税金なんかも上がるでしょう。あ、子どもの学費も上がっていますし。

企業は人口減少社会を予期して、人件費という大きなコストを

カットしたがる…。長時間労働ダメ〜!なんて言っているくらいだから、

あっという間に、実質賃金は下がりますよね。

女性が仕事を辞めてしまうと、復職が難しくなる。

しかも、長生きになっているっ!!

老後の預貯金もないのに、長生きって!!

すると、女性もしっかり働かなくてはならない。

とは言え、やっぱり両立は厳しい…。

でもって、それを男性が放っておくというのは違う気がする。

私はもう子どもを持つのはムリなので、まぁ、ぼちぼち仕事がんばりますけど、

若い子たちには男女問わず本来の意味でのワークライフバランスを充実させて、

がんばってほしいな。

そうそう、男性が優秀だなと思うシーンは、

やっぱりリーダーシップを発揮してくれたとき。

ということは、女性がリーダーシップを身につけたら、

また違う社会、また違う労働環境になるんじゃない?

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

気づいたら激変していた暮らし

すでにコンピュータやスマートフォンのある暮らしは当たり前になり、数年前はあんなにつながらなかったwifiがどこへ行ってもつながるようになり、アマゾンはそこまで使わないけれどそれでもアマゾンがあるからだいぶいろいろ助かっていて。レストラン予約も、SMS送られてきてリマインドしてくれたり、なんならオンライン決済までできちゃったり。旅行の手配(コロナ明けダッシュで行きたい)も窓口や電話なんて、最後にいつ

同じ価値観をもち、ともに成長していく。

「愛の不時着」を2回見て、いくつかの韓国ドラマ&映画を観ましたが、やっぱり「愛の不時着」は特別なんだと思って、一旦韓国ドラマを封印しました。で、次は韓国のJYPエンタテインメントと日本のSONY MUSICエンタテインメントとによるオーディション番組「NIZI Project」を見始めましたww 「NIZI Project」は、ご存知の方も多いと思いますが、日本8都市とLA、ハワイで歌とダンスのオ

bottom of page