top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

年末の顛末。そのキャラクターが苦手だぁ。


今朝のこと。

某金融機関に行きましたら、担当者が「この年末のお忙しいときに

お呼びたてして申し訳ありません。遠くまでいらしてもらって…」とやたら低姿勢でした。

いや〜、仕事も掃除もほぼ片付いているし、電車で20分ほどなので

たいした距離でもないんですけどね。

で、あれやこれやお話を聞きまして、今日、決断することは何もなく、

結局年明けにまた行くことになりましてね。

そうしたら、担当者の恐縮度合いがMAXに!

「では、いまカレンダーお持ちしますね。壁に貼る大きいカレンダーは

お使いになりますか?」

「いえ、大きいのはちょっと〜」

「では、小さいのをお持ちします」

で、キャラクターカレンダーをはじめとする粗品をあれこれ持って来てくださったのです。

書類入れる封筒は忘れたようで…

「あ、封筒お持ちしますね」と、また退席。

で、次。

「(キャラクターの)お人形は、お持ちになりませんか?」

「お人形はちょっと〜(そういう趣味ないので…と言いたいところをガマン)」

「では、(キャラクターの)お皿は?とりあえず、お持ちしますね!」

と、また退席。

「これ、通常、ご相談のお客さまには差し上げていないのですが。

毎年、楽しみにしているお客さまもいらして。でも、このキャラクター、

お客さまによっては嫌い!と言われる方もいらっしゃるんですよ。

いくらなんでも、そこまでハッキリ言わなくてもいいですよね〜」

うむ。断れないじゃないのさぁ。

まぁ、そんなこんなで、ありがたくちょうだいしてきましたけどね(笑)。

私、男性向けのシンプルな粗品でいいんですけどね…。

いや、むしろ、なくてもいいんですけどね…。

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

気づいたら激変していた暮らし

すでにコンピュータやスマートフォンのある暮らしは当たり前になり、数年前はあんなにつながらなかったwifiがどこへ行ってもつながるようになり、アマゾンはそこまで使わないけれどそれでもアマゾンがあるからだいぶいろいろ助かっていて。レストラン予約も、SMS送られてきてリマインドしてくれたり、なんならオンライン決済までできちゃったり。旅行の手配(コロナ明けダッシュで行きたい)も窓口や電話なんて、最後にいつ

bottom of page