top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

そもそも体力がないので…。


これだけは、自信をもって言えることがあります。

それは、体力がないということ(笑)。

なので、周りでいくら徹夜仕事をしている人がいようと、

私はその人たちにあわせて、長時間労働をしないようにしてきました。

友人が「先週、徹夜続きでさぁ」と言うと、

「断ればいいじゃん?」「倒れるよ」と冷静に思っていました。

男性が中心の広告業界で、男性よりも体力のない女性は、

明らかに彼らの仕事ぶりにあわせちゃいけないし、

個人の健康状態や体力について、周りの人は誰もわかっちゃくれないので、

自分で管理すべきだと思って、気をつけてきました。

ただ、私だって仕事量が異常に多い時期もありましたよ。

でも、睡眠時間や食事時間は確保しないと、まったく思考回路が働かないので、

何時に寝るために、何をいつまで片付けるか、

何をどう食べるかに気をつけて仕事をしてきました。

そもそも、21時以降は寝るための準備をする時間じゃないの?と

子どもの頃は思っていましたからね。大人の世界って、不思議です。

話を戻します。

体力を保つためにしなくてはいけないことがありますが、

忙しくなると、できないことがあります。

それは運動です。フリーランスの場合、通勤がない分、

身体を動かさないので、仕事の時間は多くとれますが、体力はダウンします。

(すでに仕事時間は増えているので、実はフリーランスって効率的な働き方なんです)

自分で意識して運動をしないと、もともと体力がないのに、

忙しくなると、ジムをさぼって、さらに体力ダウン。

すると、マッサージへ行く回数は増えます。

結局、そこまでくると、仕事のクオリティは下がるし、余計な時間を有する…。

なんと、非合理的!

クリエイティブな仕事は、答えがないから切りがない、

朝までやっちゃう!と言う人も多いと思います。

でも、人生長いんです。それができるのは、わずかな期間だし、

その期間にバタッ!ってこともありうるんです。

持続可能な企業がいちばん強いと言われるように、

持続可能な個人が、トータルで見ていちばん強いと思うんですがね〜。

(そもそも、もう加齢によりムリはできなくなっていますが)

閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

bottom of page