top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

おばさんかお母さんかお姉さんか。


テレビを観ていて、ここ最近ずっと気になっていることがあります。

芸能人が街の人にインタビューする際、「お母さん」と声をかけることです。

「お母さんはどう思います?」「お母さん、何年お店やっているんですか?」と。

いやいや、あなた(インタビュアー)のお母さんじゃないでしょ〜と思いますし、

結婚していない人かもしれないし、子どもがいない人かもしれないしねぇ〜と思います。

では、なぜお母さんと言うようになったか。

思うに、昔は「おばさん」だったのが、女性に向かって「おばさん」というのが

失礼ではないかという風潮になり、「お母さん」になったのではないかと。

でも、「お母さん」はおかしいですよね。かといって「お姉さん」も水商売っぽい。

一方で、子どもを持つママたちの間では、子どもに「お母さん」「ママ」と

呼ばせるのではなく、名前で「Y子さん」と呼ばせるのが流行っているとか。

女性側は女性側で、中年なのに自分たちを「女子」「大人女子」と

言うようになり、へたすると明らかにおばあちゃんなのに

「女子会なんですぅ〜」と言う人もいたりしてね。

「お母さん」も「女子」も、適切に使いませんか?

そして、インタビューのときは名前を伺い、名前で呼ぶ。

これがいちばん失礼にあたらないのではないかと思います。

そうそう、蒼井優ちゃんは「女子会」ではなく

「婦人会」と言ってホームパーティをやっているそうです。

その自覚、素敵だなと思いましたが、

まぁ、別にそこ、ネーミングしなくてもいいですよね…。

閲覧数:95回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

bottom of page