top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

ホームページを開設しました。


フリーランス歴15年を過ぎ、コピーライターという仕事を見直してみました。

そもそも普通のひとにとっては、コピーライターって何やっているかよくわからない職業。

自分でいうのもなんですが、なんか華やかそうで、なんかうさんくさいですよね。

コピーライターって言うだけで好奇の目で見られることもありますしね。

いやいや、違うんだけどなぁ。

もうちょっとわかってもらえたら、「相談しよう、そうしよう」という

ことになるんだけどなぁ。

ということで、まずは、私の仕事を見える化。

ホームページ開設にいたりました。

うさんくさい職業から、信頼できる職業に。

ぴん!ときたら、気軽にお問い合わせくださいませ。

よろしくお願いします。

※ちなみに写真は「だって話しやすそうだったんだもん」と玉山鉄二に言われることを

意識して、ベテランカメラマンに撮ってもらいました。


閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

bottom of page