top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

自信なんてないさ。

「自信がないから、一歩踏み出せない」とはよく聞く話であり、

私自身も同じ気持ちでいました。


でも、さすがにこれからの日本経済はヤバぎると、危機感を抱いておりまして、

自信はなくても一歩踏み出さないといけないと思うわけです。

だって、国際競争力30位ですよ、一人当たりGDP 26位ですよ、高齢化先進国ですよ。

いつの間にか、日本は世界のトップから引きずり下ろされているのです。

この状況、一部の勝ち組をのぞいて、もうすでに国民に

降りかかっているんだけれど、気づかない。もう、茹でガエルだってば〜。


そうすると、自信がないから、自分の意見を言わないとか、現状維持でいいとか、

学ばないとか、新しいことにチャレンジしないとかって言い訳していると、

ひたすら落ちていく気がするのです。


なので、自信がなくても前進しよう!と思うのです。


けれど、やっぱり不安です。


失敗したり、誰かに嫌な思いをさせたり、下手したら仕事なくなるなんてことも考えたり。すると、永遠に現状維持から抜け出せない。で、現状維持している間に、

周りがどんどん変化して、自分だけ置いていかれる〜。


ああ、どっちにしろ不安!


そこで、自信のなさの克服と不安を払拭するために何をすべきかと考えました。


すばり、それは、信頼関係の構築でしょう!


たとえば、きちんと信頼関係が築かれた相手との間ではトラブルにはならなくても、

信頼関係がない相手またはコミュニケーションが不足している相手だと、

トラブルになったり、余計な誤解を生んだりするんですよ。ストレスも絶えない。


だとしたら、自信をもつというよりも、信頼関係を構築するのがいちばんではないかと。


相手が喜んでくれることを徹底してやるとか、小さな工夫をたくさんする。

そこまでしなくてもいいと思うことをたくさんする。

自分目線ではなく、つねに相手目線で考える。


ひとは何をされたら喜ぶか。ひとは何を言われたら喜ぶか。


これ、実は広告やコピーライティングの考え方、そのままなんですよね〜。

ところが、自分のことになるとそう簡単にはできません(泣)。

極力、意識して2020年を過ごしたいと思います。


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

同じ価値観をもち、ともに成長していく。

「愛の不時着」を2回見て、いくつかの韓国ドラマ&映画を観ましたが、やっぱり「愛の不時着」は特別なんだと思って、一旦韓国ドラマを封印しました。で、次は韓国のJYPエンタテインメントと日本のSONY MUSICエンタテインメントとによるオーディション番組「NIZI Project」を見始めましたww 「NIZI Project」は、ご存知の方も多いと思いますが、日本8都市とLA、ハワイで歌とダンスのオ

Comments


bottom of page