top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

漂白がよろこびを運ぶ


最近、SNSを見ると、STAY HOMEを楽しんでいる人、結構いますよね。


料理や片付けをがんばっている人。オンラインで何かやっている人。野菜育てている人。

不安はみんなあるとしても、なんだか楽しそうです。


わたしは、そもそもSTAY HOMEな働き方なので、あまり変化はないのですが、基本的な家事は、よりちゃんとするようになり、日々、なにか料理したり、片付けしたり、植物の世話をしたりしています。それぞれに小さな達成感を得られるし、植物は毎日成長するのでそれをずーっと眺めていたりしますね。家の中でも刺激はあります。


で、もうひとつ。

ここ最近やり始めたことで、なかなかいいなと思ったことがあるのです。


それは、漂白です!


ちょっと黄ばんできたな〜、古びてきたな〜、買い替えどきかな〜と思うTシャツ、キャミソール、白い靴下、下着などを、洗濯のたびに少しずつ漂白しています。(漂白剤は、塩素系漂白剤ではない方)


すると、なんということでしょう!当たり前のことなのですが、キレイになるんですよ。変化が目に見えるので、うれしいし、達成感もある!


これまでも、白いシャツ・ブラウスなどは一回漂白してきれいにならなかったら捨てることをしていましたが、今回は、ちまちま、いろいろ。


そもそも靴下などは新しいモノを買う際「わぁ!素敵な靴下!」みたいなときめきはないので、そこにムダなお金を使いたくないというわたしの気持ちにもぴったり。いま、あるものを丁寧に使っている感じもこころを満たしてくれます。


漂白、おすすめです!






閲覧数:38回1件のコメント

最新記事

すべて表示

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

気づいたら激変していた暮らし

すでにコンピュータやスマートフォンのある暮らしは当たり前になり、数年前はあんなにつながらなかったwifiがどこへ行ってもつながるようになり、アマゾンはそこまで使わないけれどそれでもアマゾンがあるからだいぶいろいろ助かっていて。レストラン予約も、SMS送られてきてリマインドしてくれたり、なんならオンライン決済までできちゃったり。旅行の手配(コロナ明けダッシュで行きたい)も窓口や電話なんて、最後にいつ

1 comentario


samajimbo3589
01 may 2020

Me gusta
bottom of page