top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

今年のテーマはLOVE & GUTSにしました。

もう2021年になって1週間経つんですが、もっと経ったような気がします。

明けましておめでとうございます。


さて、毎年なんとなく自分のテーマを決めているのですが、

今年は「LOVE & GUTS」にしました。


と言っても、これ、昨年考えた某商業施設向けのキャッチコピーの

ボツ案でして。ただ、私本人はとても気にいっていて、

年間どころか生涯のテーマにしようかなと思ったんです。


なぜ「LOVE & GUTS」か。


このコロナ禍、政治家なんか見ていると、本当に人としての優しさとか

思いやりとか、弱い者の立場になって考えるとか、マジでできてないしっ!と

思うわけで。なんだろう、目先の経済を重視して、人の命や苦しみを

軽んじていいのだろうか。憤りすら感じる。

もちろん、経済苦で命を絶つ人もいるのですが、

そうなる手前でもっと人間のことを真っ先に考えて

行動すべきだったんじゃないかなと思うのです。


偉そうなことを言いますが、意志決定というのは、

物事の本質に基づかないといい結果を招かない気がします。


で、「LOVE & GUTS」です。

LOVEとGUTSが両方あれば、百人力!

あとは、発想の転換!


きれいごとかもしれませんが、きれいごとを語る人でいたいな〜。

写真は今日のランチ「YUKIYA MESHI」。

弁当×デザインだねぇ。本文とは関係ありません。







閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

気づいたら激変していた暮らし

すでにコンピュータやスマートフォンのある暮らしは当たり前になり、数年前はあんなにつながらなかったwifiがどこへ行ってもつながるようになり、アマゾンはそこまで使わないけれどそれでもアマゾンがあるからだいぶいろいろ助かっていて。レストラン予約も、SMS送られてきてリマインドしてくれたり、なんならオンライン決済までできちゃったり。旅行の手配(コロナ明けダッシュで行きたい)も窓口や電話なんて、最後にいつ

Comments


bottom of page