top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。


解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。


で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。


そう、チェッカーズがデビューしたころ、わたしはまだ中学生だったと思う。アイドルとしてデビューしたのにアイドルっぽくなく、衣装がおしゃれで、普段着は雑誌Olive でおなじみの45RPM。確かOliveのカバーを飾ったこともあったはず。音楽雑誌にも載っていたらしいし、メジャーとマイナーの間を自由に行き来していて、その姿もまたかっこよかった。


あとは、久留米で普通の生活を送っていた彼らがスターダムに駆け上がる、その姿、その道のり、そんな想いを書いた歌詞、そこに自分をだぶらせていたいというのが、ハマっていた理由でもあった、と昨日改めて思った。


解散当時、わたしはなんとかこっちの業界に入ったものの、コピーライターにはまだまだなれるような状態ではなかった。それを実現するためには学歴がないとか、業界を知らないとか、コネがないとか、そもそも狭き門とか、とにかくないないづくしだった。いまみたいに情報がたくさんあるわけではないから、「広告批評」「宣伝会議」を買って業界研究し、広告学校や宣伝会議の養成講座に通い、家に帰ったらコピー年鑑を書き写して、いいコピーを肌で覚え…。


それでもなれるもんじゃなくて、もう、諦めるか〜と思った5年目くらいに、なんとかアシスタントになれて。ところが、その後は、当時勤めていたコピーライター事務所が経営危機となり、フリーランスになり…。


でも、いまでも結構忙しく仕事させてもらっていま〜す!


あまり大きな仕事はしていないし、賞も取っていないけれど、それでも毎日楽しみながら、クライアントやいろいろなスタッフに支えられながら、仕事ができている。なんてありがたいんだ、そんな想いが噴出。あの不遇の時代とチェッカーズに感謝だなと思う。


さて、ときは移りすぎ、いまは、コロナ禍での無料配信しまくったサカナクションにハマり中。彼らもやはり、田舎から出てきて、メジャーとマイナーの間を自由に行き来し、ファッション性もあり、カルチャーにも影響を及ぼし、楽曲だけでない魅力がある。プラス、どうファンビジネスを運営するかみたいな戦略性が広告やマーケの考え方をベースにしているようで、そこらへんが勉強になり、沼にハマったのである。


そうそう、わたしは、生まれ変わったら芸能マネージャーになりたいという気持ちが昔からある。田舎で普通の生活を送っていた子を日本一に育て上げたい(笑)。


って、世に知られていない商品や企業を知らしめ、成長につなげるという、いまの仕事となんら変わらないのだが。


そうか、わたしのやりたいことは、やっぱりここなんだ!と、再認識。


おぉぉ、まだまだどころか、これまで以上にがんばれそうな気がしてきた!まずは体力維持か…。ということで午後からマッサージ。

閲覧数:84回0件のコメント

最新記事

すべて表示

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

気づいたら激変していた暮らし

すでにコンピュータやスマートフォンのある暮らしは当たり前になり、数年前はあんなにつながらなかったwifiがどこへ行ってもつながるようになり、アマゾンはそこまで使わないけれどそれでもアマゾンがあるからだいぶいろいろ助かっていて。レストラン予約も、SMS送られてきてリマインドしてくれたり、なんならオンライン決済までできちゃったり。旅行の手配(コロナ明けダッシュで行きたい)も窓口や電話なんて、最後にいつ

Comments


bottom of page