top of page
  • 執筆者の写真YUKO OBA

セルフコーチングのすすめ

こんなときに私ができること。

イメージトレーニングというかセルフコーチングのすすめ。

まずAfterコロナに何をしたいか?どういう自分になっていたいか?を

イメージします。

私は、いつになるかわからないけれど、旅行に出たい。行きたかったところに行こう。イタリアやスペイン、アメリカなど大変だった場所もまわって、現地の人と「大変だったよね。その後、価値観は変わった?」と聞いてまわりたい。そこで、互いの暮らしの知恵をシェアして、生き延びた人類皆が「成長した!」と思えるようになっていたい。

▼いまAfterコロナに向けてやっていることは?

平常心を保つこと。なるべく情報に惑わされずイライラの原因から目を離すこと。Afterコロナに向けて前向きな気持ちでいること。大変な想いをしている人に想いを寄せること。目の前の仕事をしっかりやること。

▼どのくらいできている?

40%くらい。ちょっとしたことで心のバランスを崩し、日によって浮き沈みがある。

▼自分が誇らしいと思えたことは?

マスクをつくって、周りの人にあげたのは何より自分が救われた。人が喜ぶ姿を見るのは嬉しい。もっと想像力を働かせて、困っている人の役に立ちたい。

▼明日からやれる小さな一歩は?

まずは平常心でいること。そして自分と関わる人に前向きな言葉をかけたい。いま、うまくいっているビジネスは何かをもっと調べたい。社会と経済、人の心の動きを知って、Afterコロナの自分の軸を整えたい。


というように、自分自身に問いかけをすることで、考えが整理されて前向きになれます。コロナうつを少しは防げると思います。

なにかしらヒントになれば幸いです!

コロナ騒ぎの最中に、一般社団法人ビジネスファシリテーション&コーチングカレッジから「1on1面談アドバンストコーチ」の認定状をいただきました。さっそく、個人レベルで試しています。

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不遇の時代を思い出して号泣

昨日、NHK BSでチェッカーズの解散コンサートを放送していた。 解散コンサートは4daysか5daysで、わたしが行ったのは最終日の確か2日前。前から7列目のチケットを握りしめ、仕事が終わる時間をいまかいまかと待って、同僚と急いで武道館に行ったのを思い出した。そうそう、解散がほんとうに悲しくて、開演すぐに号泣したんだった。 で、昨日は昨日でいろいろな想いが重なって号泣。 そう、チェッカーズがデビ

メルカリは社会インフラのひとつだなと思った

コロナ禍前、東京では、週末ともなるとあちこちでフリーマーケットが開かれていましたよね。よく友人と不要品を出店したり、朝いちばんに行って宝探しをしたりしていました。お金がないのに好きなブランドの服が着たかった若かりし頃は、ブランド古着の店にもよく行きました。 最近では、本当に気に入ったモノしか買わないうえ、本当に気に入っているからこそ処分することも少なくなり、平気で1着を5年10年着ていたり。それで

Comments


bottom of page